ワークフローの比較が最大のポイント|スマート戦略!

オフィス

システムの刷新と短期導入

システム

現状の業務とシステム分析

社内のITシステムの刷新を図る場合、その理由は様々あります。例えば、企業の戦略が変更になったり、業務の拡大や企業規模の増大が考えられます。あるいは、新しいアーキテクチャーを採用して、効率化を図る目的もあります。いずれにしても、企業がシステムを刷新するには、大きな費用対効果を期待します。それを実現するためにすべきことは、まず、現状の業務分析およびシステム分析です。例えば、現在も稼働しているシステムにおいて、どのような機能の追加や変更が必要か、あるいは、操作性や処理時間に難があるのはどこの機能で、改善されることでどれ程の労力の短縮になるかなど、担当者レベルから情報を収集する必要があります。これらの情報は、日頃からクレームや不満という形で収集済みかもしれませんが、再度、全ての業務について確認して、必要に応じて業務プロセスの変更も検討する必要があります。

開発工数の削減と短期導入

現状の分析が終了したら、次はソフトウェアの選定です。選定には、企業の独自性を尊重するために、始めから自社開発するという選択肢もあります。但し、全てを自社開発する場合、作業工数がかかり、開発を始めてからシステムが稼働するまでに期間がかかってしまいます。つまり、それだけ開発費用も嵩むことになります。そこで、ERPの採用が推奨されます。ERPが推奨されるのは、いくつかのメリットがあるためです。1つは、ERPは多くの企業の最大公約数の業務プロセスを集約しており、各企業の業務の多くの部分を網羅しています。仮に、企業の業務と一致しない部分があれば、カスタマイズすることで企業の業務に併せることができます。あるいは、ERPに併せて業務を変更するという方法もあります。別の例として、基幹となる販売系や製造系の業務は自社開発として、経理系の会計や給与計算業務はERPを採用するという併用案も検討すべきです。ERPの採用によって、開発期間は短縮されて、より早く新システムの稼働が実現できます。つまり、開発工数が減り、開発コストも削減できます。